春を探しに鎌倉の明月院へ

日記

外出できない日々が続き、写真を撮りに行く機会が全く無くなってしまいました。

こんな状況の中、過去に撮った写真を眺める時間が増えたので、個人的に好きな土地を、好きな写真と共にまとめておこうと思います。

第一弾は鎌倉です。

また写真が撮りに行けるようになったら、たくさん撮りに行きます!

どの季節に行っても素敵な明月院

冬から春へと季節が移り、草木の緑が綺麗になりはじめたころ、桜を撮りに明月院へ。

明月院といえば、紫陽花が有名な場所です。

当然、シーズン中は混雑しますが(と言いながら撮りに行きます)、紫陽花シーズン以外でも綺麗な花や緑が見られる落ち着いた場所です。

春は梅や桜、夏は紫陽花にツツジ、菖蒲などなど。

紫陽花シーズン以外ですと、比較的落ち着いて観賞できますのでオススメです。

(f/5.6 1/200秒 ISO100 焦点距離:換算315mm)

とても綺麗な桜でしたが、桜を撮影する上で問題が。

これは僕だけかもしれませんが、上の写真のように、とっても寄りで撮りたくなってしまいます。

これだと、どこで撮った桜なのか、実際分からないですよね…。

毎年、気を付けよう…気を付けよう…と思っているのに、ついやってしまう。けど綺麗だからいいよね!と。

光と影のバランス

個人的に明月院が好きな理由としては

光の射し方と影の具合が好きな場所が多くて。

(f/6.3 1/160秒 ISO400 焦点距離:換算450mm)

ポツンと居る、この子が気になってしまって、ぐるぐる周りを歩いて、いい角度で。

こういった緑や花が綺麗で、かつ光と影のバランスが好きな箇所が多いのです。個人的にですけれど。

(f/5.6 1/160 ISO200 焦点距離:換算255mm)

しかし、影を撮るのはとても難しいなと感じます。

下に写っている花の影を撮りたくて粘りましたが、暗くしすぎると奥の緑が黒つぶれし、明るすぎると影が写らない。

撮った時には、とても満足いく写真でしたが、帰ってきてパソコンで見たら暗かったのでレタッチしました。

桜が咲く季節は上ばかり見がちですが、足元に目をやることで、また違った明月院の楽しみ方も出来ますね。

ぜひ紫陽花シーズンでも明月院へ

とても静かで落ち着く明月院。

有名な丸い窓も、並ばずに撮れることもありますので、是非一度、足を運んでみてください。

桜のシーズンですと、他に円覚寺なども綺麗です。

どちらも、北鎌倉駅から歩いてスグですので、オススメです。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。