和のあかり×百段階段2019 で室内×暗い場所での撮影に挑戦

日記

先日、和のあかり×百段階段のイベントに行ってきたので、スッと、それっぽいレビューを書こうと。

室内で暗いところでの撮影は苦手なので、何とか綺麗に撮りたいところ。

さて、この、和のあかり×百段階段のイベントですが、何でも今年(2019年)で5年目。毎年違ったテーマの展示品が飾られるみたいなので、毎年行っても楽しめる。

僕は今年初めて行って、がっつり心を掴まれたので毎年行きたいなと思ってます。

場所は東京の目黒にある、ホテル雅叙園。

有名かどうかは分からないけど、総額1億円のトイレがある。

とりあえず入ってみたんだけども、緊張して用を足せない…!サラっと見学して退散。

そんなホテル雅叙園にある百段階段は、東京都の指定有形文化財。そのフロアに行くための専用のエレベーターがあります。これも豪華。

その先に待ち受ける百段階段。階段の脇に、いくつか部屋があり、そこに展示されています。

インスタ映え間違いなしなスポット。入場料は

当日1,600円、特別前売 1,100円、前売1,300円
大学・高校生1,200円、中学・小学生600円
※特別前売券は2019年7月5日までの販売。

館内は撮影自由ですが、作品に触ったり、撮影時に周りのお客様に迷惑にならないように気をつけましょう。どこでも一緒ですけどね。マナー。

見出し、やんわり名前付けてますが気にしないで。

竹の部屋

歩くたびにキシキシと音を立てる木の階段を昇り、

最初に入った部屋がコチラ

(f/5 1/40秒 ISO-3200 24mm レタッチ済み)

質感と色合いが、たまらないよね。

総じてISO爆上げで頑張ってシャッタースピードを確保して撮ってます。

PENTAXのK-70はISO6400くらいまでは使えそうな感じだと、個人的に思っているので、爆上げ。

(f/4.5 1/40秒 ISO-3200 60mm レタッチ済み)

久しぶりにキットレンズの広角側での撮影。広角での撮影が難しく感じるのは僕だけでしょうか。ごちゃごちゃっとなってしまう。

しかし、18-135は使い勝手が良く、様々な場面に対応してくれるので、今後もしっかり使っていこうと思う。

脱線したので話を戻そうと思ったんだけど、それぞれの展示品の作品名などは割愛させてもらう。覚えてない

何より色合いと質感で見た目から涼しげで好きでした。

各部屋が狭いので、あまり粘れず撤退。

龍とか鯉とか金魚とかの部屋

とか。

奥行きのある展示品で、壁面や襖の絵ともマッチしてて見応えのある部屋。

(f/7.1 1/40秒 ISO-3200 21mm レタッチ済み)

こんなのとか

なにより感動したのが、この百段階段、デフォで壁面や襖に絵が描いてあるんだけど、それが美しい。普通に何もなくても見に来てみたい。

関係ないですが、僕は小さいころ、日本昔話のOPで号泣してました。

こんな感じの龍が出てきて怖かったです。

傘の部屋

広角持ってきて良かったと思った場所。

番傘美しい。リフレクション綺麗。

(f/6.3 1/50秒 ISO-4000 18mm レタッチ済み)

(f/6.3 1/50秒 ISO-4000 18mm レタッチ済み)

この部屋に限らずですが、やはり明るい×暗いと両方あると、白飛びしたり黒潰れしたりと忙しい。

設定はフルオートで撮っていましたが、ほかのモードも試してみるべきでした。

小物がある部屋

小物×あかりのコラボゾーン。

(f/5 1/30秒 ISO-3200 31mm レタッチ済み)

(f/5 1/30秒 ISO-3200 36mm レタッチ済み)

コップの中にライトを入れたやつ。これって、どうやって撮るのが正解なんだろう?

僕は上から見るのが綺麗だなと思ったので撮ってみた。ザ・日の丸構図。

(f/6.3 1/30秒 ISO-2000 135mm レタッチ済み)

(f/7.1 1/15秒 ISO-800 135mm レタッチ済み)

シャッタースピードが遅すぎてしまった写真たち。

扇子のランプがとても綺麗。上手く撮ったら映えますかね。

紙人形の部屋

紙がメインになった部屋。

入口にある、この折り紙?のやつ。これ絶対みんな好きなやつです。

(f/6.3 1/30秒 ISO-2000 68mm レタッチ済み)

入口にあるので、粘る際は気を付けてください。入口を塞がないように。1回しか撮れなかった悔しい。

これもリフレクションでいいのかなぁ?リフレクションは練習したい。色んな場面で使いたい。

雨の日とか雨の日とか雨の日とか。

(f/6.3 1/40秒 ISO-1600 100mm レタッチ済み)

これポケモンのバトル画面みたいで好き。それだけ。

手前がしっかりボケて、カエルが強調されたように見える。

思い出したかのように和のあかりの話をすると、全体的に優しい灯りで目に優しい。

なぜ人は灯りを見ると心が落ち着くのだろうか。ぼーっと見てるだけで癒される。

日々のストレス社会で心が擦り減っている方に特にお勧め。僕はバッチリ効きました(?)

 

最後の部屋

一番上の部屋は、プロジェクションマッピングかな?で何か物語が流れてた。詳しく見てないので分からず。

(f/5.6 1/30秒 ISO-3200 100mm レタッチ済み)

(f/5.6 1/50秒 ISO-2500 115mm レタッチ済み)

ここの部屋は、ほんとコレしか見てなかった。

他に何があったか、本当に思い出せないくらい、この二つを撮り続けた。こういう模型?ジオラマ?が好きです。

撮ってみて

暗い室内での撮影は、思っていたより遥かに難しいことが判明。

個人的なまとめとしては

・シャッタースピードが遅くなって手ブレするくらいなら、ISO爆上げして、しっかり撮ったほうが良さそう。画質は犠牲になるけど。

・絞りすぎない

結果、どっちも「暗くなるから明るくしよう」ってことなんだけど、いい塩梅が分かりませんでした。

来年もリベンジしたい。

百段階段について

9/1(日)で終わってしまう今年の「和のあかり×百段階段」ですが

なんでも「和のあかり」だけでは無いみたいなんです。イベントが。

次のイベントは

いけばな×百段階段2019

2019年9月20日(金) – 11月13日(水)

があるらしい。これも毎年やっているものなのかな?

期間も長いし、行ってみようかな。花のこと全然わからないけど。

 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。