みなとみらいで夜景撮影に挑戦!ボカして遊んでみた。

スポンサーリンク



昨日、奇跡的に午後から天気が回復したので、久しぶりに横浜のみなとみらいに行きましてね。

改めて夜景の撮影は難しいなと思ったので、振り返りつつまとめます。

ちなみに、夏にも行きました。

その時の記事がコチラ
野毛山動物園とみなとみらい写活まとめ

夜景を撮る時って、明るく撮るために色々な工夫をすると思うのですが、どんなことしますか??

私は、どうしても画質を落としたくないというか、ノイズをなるべく減らしたいのでISOはあまり上げないようにしています。

1600か3200が一般的なのかな?私はいつもISO1600で夜景を撮っています。

そうすると、シャッタースピードを結構遅くしないといけないのですが、私は三脚を持っていないので、手で持って撮ると手ブレがすごい。

手ブレしないことに結構自信があったんですけど、昨日のやつは酷かった…ショック!!

今年3回目?のみなとみらいだったので、今回は撮影方法?というか構図を意識して撮ってきました。

普段撮らない感じの写真を撮れたので紹介します。

これは、山下公園から赤レンガ倉庫に向かって通っている橋の近く。象の鼻パークの辺りにあるドミノみたいなヤツ!

これって、前は紫?に光ってた気がしたんだけど、気のせいかな??

黄色が暖かみのある色だったので、あえて周りは暗めにしてみた。

編集ソフトで色々とイジったら面白い色味になりそう!やってみようかな。

ちなみに編集ソフトは無料のGIMPというソフトを使っています。
無料で使える画像編集ソフト「GIMP」の導入方法はコチラ

今回お気に入りの写真です。

さっきのもそうですが、こう、なんていうか、同じものが並んでるところを撮りたがる癖があることが判明しました(笑)

前ピンで背景をボカしていい感じ。数枚撮ったのですが、他のは思いっきりボケすぎて後ろに何があるか分からなくなったので削除しました。

ボカしって一眼レフっぽさありますけど、時と場合によっては、ボカしすぎ注意!なこともありますよね!

昨日は積極的にボカしてみました。もう一枚面白いのが撮れました。

これは大さん橋から赤レンガと観覧車を撮ったんですが、手前の網にピントを合わせて撮ったら、こんな感じに!

PENTAXのK−70の初期レンズでも、十分にいい感じに撮れます。

ちなみにもっと露骨にボカすと

こんな感じ!これが玉ボケってやつですか!?

こんなに玉ボケしたことなかったので感動しました。が、後ろに何があるか分からないですね…。けど、こんなもんですかね?ボカすのって。

みなとみらいって、撮りたいものがたくさんあって、時間がいくらあっても足りないなーって思う。

もっともっと歩いて、足を止めて色々見て回ると、普段と違ったものが見つかりそうです。

また冬になったら、行こうかな。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク