江ノ島でマジックアワー初体験。感動して開いた口が塞がらなかった。夕陽オススメポイントも

どんだけ江ノ島が好きなんだよって感じですが、先日、夕陽を見に江ノ島に行きました。

カメラも当然持っていきましたが、どちらかというと、ただただボーっと海を見て夕陽を見たかったってだけなんで、写真は少しだけでいいやって思ってました。

いつもは、早朝にサイクリングついでに行くのですが、本当に夕陽を見に行っただけなので、夕方に江ノ島へ。

今回は電車です。

気づいたら、今年7回目の江ノ島です。写真撮りに来すぎでは!?

自分の中で、江ノ島はとても特別なところで、思い入れもあり、落ち着く場所でもあります。

なにか、決心をしたときに訪れたり、何かが成功したときに訪れたりしてます。

江ノ島って、いくつか夕陽を見れるポイントがあるのですが、ベタなところで言うと、片瀬海岸の西浜と東浜

いや、ベタって言ったら江ノ島自体がベタかもしれませんが

西浜は富士山と東浜は江ノ島全体と一緒に夕陽を見ることが出来ます。

なにより、駅からも近いので、気軽に立ち寄れますね。

ただ、個人的には、やはり車など街が近いので、なんといいますか、地元で夕陽を見てるのと変わらないというか。いや、綺麗なんですけどね!?雰囲気がってことです。

一番高いところから全体を見渡すには、サムエル・コッキングにあるシーキャンドル…展望台からですね!

個人的には、シーキャンドルの上で景色を見る場合、やはり冬がオススメ。

空気が澄んでいて、ほんと遠くまで見えますからね。こちらは、夕陽とかじゃなくて、単純に風景を楽しむという点でオススメです。

私がイチオシしているのは、江ノ島のちょうど裏側にある「稚児ヶ淵」

(稚児ヶ淵から見た夕陽と富士山)

シーキャンドルより更に奥。登って降りる。ちょうど江ノ島の裏側。

なんでオススメかっていうと、目の前に邪魔するものが何もないところ。

前方には富士山があり、そこに沈んでいく夕陽。右手には平塚・茅ヶ崎のあたりの街の光も。

なにより正面に見える富士山。早朝に来ても面白いですよ。波が穏やかであれば、下の磯に降りることもできます。

今回は、南風の影響で波が高く、降りることは出来ませんでした。

で、この日の日の入りが確か17時50分くらいだったと思います。

ちょうど富士山の辺りに分厚い雲が居て、「ああ、夕陽見れないかもな」と思って諦めていたんですが、ちらっと覗いてくれました!

夕陽を撮ったのって初めてなんですが、難しいですね…。

けど、ちょっとミスってても、(色味的に)綺麗に撮れるので、チャレンジしてみてください。

ずっと撮ってると、沈んでいく様子がハッキリと分かります!

で、沈んだのを確認して退散していく人々。

私は、祈りました。「頼む!雲がもうちょっとどっかいって…マジックアワーを体験させておくれ」と。

マジックアワー。言葉は知っていましたが、写真を撮るようになってから一度も遭遇してなくて。

数分後、開いた口が塞がらないくらい感動する光景が目の前に…!

きたあああ!!

これ凄くないですか?凄いですよね!?(語彙力の低下)

もう、「凄い」「きれい」しか出てこなくなるんですよ。

人間、感動すると本当に何も言えなくなるんだなって。

これ、何が凄いって撮影時にホワイトバランスをイジったわけでもなく、取り込んで写真を加工したわけでもなく、撮って出しなんです。

すこし撮ってからは、ただただ見つめていました。心が安らぐというか、本当に良いものを見れたなという感想。

ちなみに、ズームにして富士山だけを撮ってみたら

最初は頭しか見えてなかった富士山が、30分ほどで、ほとんど全て見えるようになっていて、それをメインに撮ってみました。

ボディはPENTAXのK-70。レンズは同梱されてたものなので、大したものじゃないですが、それでもこの迫力…。これを、違うレンズで撮ったらもっと綺麗に…!?

色んなレンズが欲しくなる瞬間でした。

当分、こんな素敵な光景は目にすることが出来ないかなぁ…。

いやはや、本当に素晴らしい夕陽でした!

 

ということで、江ノ島の夕陽スポットのオススメでした。

稚児ヶ淵ですが、とにかく登って降りるので、結構疲れます。

カップルで行く場合、疲れすぎて不機嫌にならないように気を付けてください…。

だって、行くだけじゃないですからね。戻らないといけないから、もっと疲れるんですよね…。

何度も足を運んでいる私でも、たまに「おっふ、これは…」と思う時があります(笑)

暑いときに行く場合は、十分に水分補給をして、時間に余裕をもってゆっくり向かってください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です