【ミラーレス一眼編】カメラの種類の違いは?どれがいいの?各カメラの特徴まとめ

スポンサーリンク



皆さんはカメラを買うとき、何を基準に選びましたか?

私は、単純に「デジタル一眼レフしか知らなかったし、友人が使っててかっこよかったから!」という理由です。

確かに、カメラ屋さんに買いに行ったら、いろんな種類があって、初心者の私には違いが分からず、ただ単にデジタル一眼レフが欲しいから行ったのですが…

実際、コンパクトデジタルカメラとミラーレス一眼とデジタル一眼レフの違いって分かりますか?

なんで、コンパクトデジタルカメラを選ぶの?ミラーレス一眼を選ぶの?デジタル一眼レフを選ぶの?

今回は、ミラーレス一眼編と題して、その特徴などをまとめます。

(デジタル一眼カメラ編はコチラから)

(コンパクトデジタルカメラ編はコチラから)

スポンサーリンク







●ミラーレス一眼の特徴

まず、「ミラーレス」って何の事なの?ってところからですね。

「ミラー(鏡)」というのは、一眼レフカメラの中にあるもので、光を反射させて光路を変えるために使われています。正式には、リフレクター(反射板)といいます。

ミラーレス…なので、要はこの反射板がありませんよってことです。

ミラーが無いということは、光は常にイメージセンサーに届きます。そのため、一眼レフのような光学ファインダーを使うことは出来ないので、コンパクトカメラのように液晶モニターで確認するか、電子ビューファインダーというものが別売りであるため、それを使うことになる。

ただし、電子ビューファインダーは高額な為、無理して付ける必要もありません。

2つ目は、小型で軽量。

ミラーレス一眼は、とにかく小さくて軽いです。

デジタル一眼レフカメラの場合、「光学ファインダー」があるため、重くなってしまいます。

ミラーレス一眼は対照的に「電子ファインダー」のみのため、カメラ本体が非常に軽量です。

あとは、電子ファインダーは、撮影した時に写真を仕上げる補助機能みたいなものが使える点が便利だと思いました。

欠点としては、電子ファインダーに写る映像と、実際の被写体の間には若干のタイムラグが起きてしまうことが挙げられます。

近年のモデルであれば、デジタル一眼レフとそこまで大差は無くなってきていと言われています。

3つ目はレンズ交換式であること。

勘違いしている方もいらっしゃると思います。ミラーレス一眼はデジタル一眼レフカメラと同じくレンズが交換できます。むしろ、交換できることがミラーレス一眼の条件とも言えます。

なんでかというと、ちょっとややこしいのですが、ミラーレス一眼より小さくてレンズ交換が出来ないコンパクトカメラというものがありまして、そのコンパクトカメラの中には一眼レフカメラと同等の高画質な写真を撮ることが出来る機種もあります。(かなり高価なコンパクトカメラですが)

どちらかというと、ミラーレス一眼は、あくまでも一眼レフカメラをベースに枝分かれしてきたというところが特徴です。

そのため、ミラーレス一眼はレンズ交換が出来るカメラである必要があります。

ややこしいけど、「コンパクトカメラとデジタル一眼レフカメラの間で、どっちかというとデジタル一眼レフカメラ寄りだよ」ってことです。

●ミラーレス一眼を買うべき人とは

・重いカメラは持ちたくない

・やっぱり軽くて高性能がいい

・気軽にSNSやブログなどに写真を投稿したい

・おしゃれなカメラがいい

特徴の方でも書きましたが、やっぱり軽いんです。小さいんです。

なので、持ち運びが楽だし、友達などと出かける際、毎回持って行っても邪魔にはならないと思います。

どうしても、デジタル一眼レフカメラだと、時と場合によっては邪魔になります。

小さいだけではなく、レンズ交換も出来るので、色々な写真を撮ることも出来ますね。

この点は、コンパクトカメラだと出来ないので、差別化は出来ると思います。

あとは、とにかくカジュアルなデザインが多くてオシャレ!カメラすらファッションの一部として使えるくらいオシャレです。私は持っていませんが、街中で見かけると、カメラのケースもオシャレですもんね。

とにかく軽くて常に持ち運びたい!といった方に、ミラーレス一眼はオススメ出来ると言えます。

実は国内で販売されているレンズ交換式のカメラのうち、ミラーレス一眼の割合は50%に近づこうとしています。

それほど、需要もありますし、そのため、成長していく速度も速くなっていきます。

これから、どんどん進化していくカメラですので、楽しみですね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク