【デジタル一眼レフカメラ編】カメラの種類の違いは?どれがいいの?各カメラの特徴まとめ

スポンサーリンク



皆さんはカメラを買うとき、何を基準に選びましたか?

私は、単純に「デジタル一眼レフしか知らなかったし、友人が使っててかっこよかったから!」という理由です。

確かに、カメラ屋さんに買いに行ったら、いろんな種類があって、初心者の私には違いが分からず、ただ単にデジタル一眼レフが欲しいから行ったのですが…

実際、コンパクトデジタルカメラとミラーレス一眼とデジタル一眼レフの違いって分かりますか?

なんで、コンパクトデジタルカメラを選ぶの?ミラーレス一眼を選ぶの?デジタル一眼レフを選ぶの?

今回は、デジタル一眼レフカメラ編と題して、その特徴などをまとめます。

(ミラーレス一眼編はコチラから)

(コンパクトデジタルカメラ編はコチラから)

スポンサーリンク







●デジタル一眼レフの特徴

まずは言葉の意味を理解するところから始めることにします。

「一眼」とは、「カメラのレンズが一つだよ」という意味で

「レフ」というのは、「レフレックス」という言葉の略称で、「光の反射」という意味です。

つまり、「一つのレンズを通った光がファインダーに反射させる鏡に当たってカメラの中に入ってきますよ」ということです。

で、この仕組みのおかげで、直接目で見ているような感じで被写体が見える。

ごちゃごちゃと難しい言葉が並んだので、簡単にまとめると「直接目で見た感じで撮影できるカメラだよ」という感じです。

デジタル一眼レフカメラの最大の特徴としては、レンズを交換することで同じポイント・同じ構図でも全然違った写真が撮れること。

多種多様なレンズがあり、価格もピンキリ。

どれがいいかというのは、カメラ本体との相性なんかもあるんでしょうか?私はまだレンズを買ったことがないので分からないのですが…。

あとは、オートフォーカスによってピント調節が簡単です。

当然、マニュアルフォーカスもありますので、細かな調整も可能。

あとは、やはり醍醐味はファインダーを覗いて写真を撮ることができる!これです。

個人的な感想を言うと、やはり「写真を撮ってる!」って感じがします。

ほとんどのデジタル一眼レフカメラには液晶がついていて、液晶を見ながら撮ることも可能ですが、やっぱりファインダーを覗いて撮る方が雰囲気も出ますし、何よりファインダーを覗いて撮った方が、目で見たままの写真を撮りやすいと感じます。

もちろん、ローアングルから撮る時などは、液晶に頼って撮ることもあります。

あとは、値段が高い!各メーカーのエントリーモデルでも、だいたい7万〜9万ほど。確かに高いんですけど、それくらいの価値はありますし、楽しみは無限大です。プライスレス。

あとね、あとね、重量がね、だいぶ重いんです。

ストラップでどうにか軽減はできますが、それでも長時間かけていると首やら肩が凝ります。

やっぱり大きいし重いので、その辺はミラーレス一眼やコンパクトデジタルカメラと比較されやすいところだと思います。

●デジタル一眼レフカメラを買うべき人とは

周りがデジタル一眼レフカメラを使ってるから!欲しい!

それでいいと思います!終わり!

半分冗談で半分本気です。

私の周りでは、ミラーレス一眼よりデジタル一眼レフを持っている人の方が圧倒的に多くて、やっぱそれ見て「欲しいな」って思いましたし、何よりかっこいいし、何より撮ってる感じあるし!

つまり、そう言うことです。

あとは、本格的に写真撮影に興味がある人とか。

プロカメラマンになりたい!とか、コンテストに出場したい!とか、自分の写真を売りたい!とか。

そういった人は当然、デジタル一眼レフカメラをおすすめします。

カメラや写真の知識がゼロの私ですら、こんなに楽しんでいますから、この選択は間違っていないかなと思います。

個人的には、撮り比べもしたいので、今後本体を買う機会があったら、ミラーレス一眼を買おうと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント